インターネットキャッシング

個人事業主・自営業 ネットキャッシング


ネットキャッシング 最新情報 >

個人事業主・自営業のためのネットキャッシング

まず、個人事業主・自営業がネットキャッシングで借り入れするのは大変なのでしょうか?
一般的なサラリーマンに比べて提出書類の内容が違い、サラリーマンだと2か月分の給料明細と本人確認書類などで良いですが、個人事業主・自営業の場合は確定申告書(2期分)と本人確認書類が必要です。

会社務めのサラリーマンは給料明細を見たままですが、個人事業主・自営業の方は2年分の景気判断をされます。
金融会社・銀行により審査基準は異なり3年分の景気判断=確定申告書(3期分)となる場合もあります。

要は、収入がどれだけか?が肝心です。
ココが個人事業主・自営業がネットキャッシングを利用する際のまさに注意点なのです。

ネットキャッシングは簡単に借り入れできるメリットがありますが、借り入れが出来ないことも当然あるのです。
それは、貸付条件を満たしていない「信用がない」「収入が少ない」などの理由から、審査に通らないわけです。

個人事業主・自営業の方は、『経営の収支』で判断されるわけです。

正直な商売をしている個人事業主・自営業がネットキャッシングで借りれる

個人事業主・自営業がネットキャッシングで借り入れしようとすると、いろいろ問題点があります。
現在の経営状況であったり、その収支であったり、今後の事業計画などを問われます。

しかし、アナタが一生懸命で正直な商売をしている中、予期せぬような不景気に見舞われて今回のような借り入れが必要になったのであれば、あるがままに金融機関や銀行にご相談してみましょう。
もしお付き合いしている既に取り引きがあるような銀行(住宅ローンや財形貯蓄など)があれば、そちらにお伺いをたてましょう。

まったくお付き合いをしていない銀行に行っても場合によっては、「どうしてウチの銀行に来たのですか?」とお話にもならないケースも無きにしも非ずです。
既存の銀行では、とりあえず現状の経営状態もふまえての話を進めることができます。

特に注意する点は、ウソやごまかした内容は信用を落すので絶対にやめましょう。
アナタの思っている以上に銀行の融資担当者の目はするどく、これまで多くのそういった人間を見てきたプロですから、すぐにバレてしまうか何だか怪しいと思われて、借り入れが出来なくなってしまいます。

せっかくこれまでの住宅ローンや財形貯蓄などの取り引きから話を前向きに聞いてくれたところが、もしもダメになったらもっとも借り入れできる可能性が高い取り引き先を失ったも同然です。
こうなっては借り入れ出来る望みもなくなるので、正直な商売をしている通りにまっすぐな話で相談を投げかけてみましょう。

もし希望通りの融資限度額に達しなくても、出来る限りの借り入れができるように手立てをしてくれるかもしれません。
可能性は”0”ではないので、融資限度額も”0円”ではない、何とかネットキャッシングで借りれるということです。
 


オリックスのカードローン お申込みはこちら


Copyright (C) 個人事業主・自営業のためのネットキャッシング All rights reserved
インターネットキャッシングなら来店不要、誰にも会わずお借り入れ、初めての方や女性でも安心してご利用いただけます。