関東の神奈川銀行 ネットキャッシング


関東の神奈川銀行ネットキャッシングの特徴とは?


ネットキャッシング 最新情報 >

はじめに・・・関東の神奈川銀行について

株式会社神奈川銀行(かながわぎんこう、設立 1953年(昭和28年)7月30日)は、〒231-0033 横浜市中区長者町9丁目166番地に本店がある第二地方銀行(金融機関コード 0530)です。
”略称 かなぎん”で、神奈川県外には店舗を持たない。まさに地域に密着した地元の方には馴染み深い銀行と言えます。
神奈川銀行ネットキャッシングの特徴・詳細・申込みをじっくり見ていきましょう!

神奈川銀行ネットキャッシングの特徴

神奈川銀行では、お客さまの様々な資金ニーズにお応えするために「暮らしのローン」・「住宅ローン」・「フリーローン」の3つに大きく分けて金融商品を設定しています。
神奈川銀行キャッシングでお勧めなのは、「フリーローン」の枠内に複数あるカードローンです。

神奈川銀行ネットキャッシングの詳細

神奈川銀行ネットキャッシングには、神奈川銀行カードローン『マイライフカードローン』をオススメいたします。

▽『マイライフカードローン』の3つのポイント!
@利用対象者として、神奈川銀行(かなぎん)と取り引きがある年収180万円以上の方。
A30万円、50万円、100万円の3コースから借り入れ限度額を選べること。
B固定金利は、年 12.30%であること。

▽『マイライフカードローン』の商品概要!

使いみちは、自由で事業資金としてはNG。
生活のための健全な消費者資金として利用すること。

当座貸越方式を利用して、契約極度額は30万円、50万円、100万円の3コースがあげられます。
カードローンの特徴は、契約した借り入れ極度額の範囲内で、繰り返しの利用が出来ることが大きなメリットです。

契約期間は、原則2年間ごとの更新で、取り引き履歴により審査判断がおこなわれます。
貸付金利は、固定金利で年 12.30%の保証料が含まれます。

2年間ごとの更新時にこの金利は引き下げや引き上げの両方がおこなわれる可能性があります。
この金利変動は、必ずおこなわれるものではなく、極度額の変動も取り引き状況によっておこなわれます。

担保や保証人は不要で、保証会社(株)かんそうしんの保証が必要です。
もし万が一にも返済の延滞や滞納となった場合は、この保証会社が神奈川銀行へ借り入れ額を一括返済してくれるとともに、 今後の返済に関しての窓口は保証会社(株)かんそうしんへと変更になります。

一般の方が勘違いしやすいのですが、保証会社の役割が借金が免除(帳消し)にしてくれるわけではいという点をしっかり理解する必要があります。
この銀行から保証会社へ移行すると、まず銀行よりも金利が高くなりますし、あわせて最終的な総返済額があがってしまいます。

こうなれば、個人として信用に大きな傷が付くことも当然ですし、先行きの返済には十分な注意が必要です。
保証会社は言わば、銀行の防衛手段として利用されているので、近年では堅実な業務をおこなう銀行の貸付には欠かせない存在となっています。

形として、以前から銀行ローンの保証会社は関連会社であることが多く、銀行としてもその損害は否めませんでした。
しかし、近年では銀行の保証会社は金融専業系(元、消費者金融会社)であることが多くなり、現在は銀行としてもリスクをもっとも軽減できる良い形でのカードローンによる貸付をおこなっているとも言えます。

また、神奈川銀行カードローン『マイライフカードローン』の利用対象者は、定期預金、積立定期預金、公共料金自動振替、給与振込等の取り引きがある方とされています。
これは神奈川銀行の銀行業務と併用した貸付をおこなうことが、銀行としてもメリットがあり、また利用者にとっても借り入れがしやすいというメリットがあるわけです。

このように銀行が、相互関係を模索して貸付を進めるには、大きなわけがあります。
銀行は、給与振込をしてもらうことで公共料金などの引き落としもおこなってくれる利用者を確保することができますし、利用者としても各取り引きごとに金利の優遇を受けることができるわけです。

金利優遇を受けることで、金利引き下げ幅は最大2.0%となりますから、借り入れを利用される方にとっても願ってもない好条件なのです。
そのため、融資担当者は借り入れ希望の利用者に対して取り引きの案内を進めるとともに、金利優遇をあわせておこなうといった相互的なやりとりが交すわけです。

※ 金利引き下げ制度の対象は、以下となります。

・ 給与振込のある方 → ▲0.5%
・ 年金振込のある方 → ▲0.5%
・ 2つ以上公共料金自動振替のある方 → ▲0.5%
・ 不動産担保ローンの利用がある方 → ▲0.5%
・ 定期預金が50万円以上ある方 → ▲0.5%

利用対象者の年齢は、20歳〜65歳まで、70歳以上の方は更新不可。
前年度の年収が180万円以下、勤続年数1年以上(自営業者は2年以上)、居住1年以上、 神奈川銀行の営業区内にお住まいがあること、勤められていること、(株)かんそうしんの保証が得られることがあげられます。

『マイライフカードローン』の返済方法は、30万円コース - 1万円、50万円・100万円コース - 2万円となり、 さらに余裕がある方は、追加のお申し出で随時返済をおこなうことができます。

必要書類などについては、窓口へのお問い合わせとご相談をお願いいたします。
申込に関しては、神奈川銀行のと保証会社による所定の審査がおこなわれます。

審査結果により、利用者が希望された借り入れ内容ではない内容となる場合もありますが、予めどうかご了承ください。

(貸付条件、2013年5月27日時点情報)

関東の神奈川銀行ネットキャッシングは、神奈川銀行の近くにお住まいの方、勤務先がお近くにある方がご利用になっております。

《 地方銀行 》
【北海道】 北海道銀行 【東北】 青森銀行 - みちのく銀行 - 秋田銀行 - 北都銀行 - 荘内銀行 - 山形銀行 - 岩手銀行 - 東北銀行 - 七十七銀行 - 東邦銀行 【関東・甲信越】 群馬銀行 - 足利銀行 - 常陽銀行 - 筑波銀行 - 武蔵野銀行 - 千葉銀行 - 千葉興業銀行 - 東京都民銀行 - 横浜銀行 - 第四銀行 - 北越銀行 - 山梨中央銀行 - 八十二銀行 【北陸】 北陸銀行 - 富山銀行 - 北國銀行 - 福井銀行 【東海】 静岡銀行 - スルガ銀行 - 清水銀行 - 大垣共立銀行 - 十六銀行 - 三重銀行 - 百五銀行 【近畿】 滋賀銀行 - 京都銀行 - 近畿大阪銀行 - 池田泉州銀行 - 南都銀行 - 紀陽銀行 - 但馬銀行 【中国】 鳥取銀行 - 山陰合同銀行 - 中国銀行 - 広島銀行
《 第二地方銀行 》
【北海道】 北洋銀行 【東北】 きらやか銀行 - 北日本銀行 - 仙台銀行 - 福島銀行 - 大東銀行 【関東・甲信越】 東和銀行 - 栃木銀行 - 京葉銀行 - 東日本銀行 - 八千代銀行 - 東京スター銀行 - 神奈川銀行 - 大光銀行 - 長野銀行 【北陸】 富山第一銀行 - 福邦銀行 【東海】 静岡中央銀行 - 愛知銀行 - 名古屋銀行 - 中京銀行 - 第三銀行 【近畿】 関西アーバン銀行 - 大正銀行 - みなと銀行
《 都市銀行 》
みずほ銀行 - みずほコーポレート銀行 - 三菱東京UFJ銀行 - 三井住友銀行 - りそな銀行 - 埼玉りそな銀行
 


オリックスのカードローン お申込みはこちら


Copyright (C) 関東の神奈川銀行ネットキャッシングの特徴とは? All rights reserved
インターネットキャッシングなら来店不要、誰にも会わずお借り入れ、初めての方や女性でも安心してご利用いただけます。